日本人の食習慣とDHA

青魚に含まれるDHA。昔の日本人はDHAを知らなかったはずですが、、
毎日の食事で焼き魚・刺し身などでこの成分を摂取してました。

 

世界的に健康と長寿で知られる日本は、このような食習慣があったのですね。

 

でも最近、魚料理は作る手間と後片付けが面倒で敬遠されるようになり、
いま日本では魚より肉の消費量が多くなってしまいました。
※食生活の魚不足といわれる原因です。

 

最近はこのDHAが体内環境に必要だといわれはじめて、
青魚由来のサプリメントも多く市販されうようになりました。

 

DHAを豊富にふくむ食べ物

マグロ、イワシ、タラなどがDHAを豊富に含んており、
青魚のほかにはサケ、筋子、ウナギなどもDHAは多く含まれています。

 

また刺し身がイチバン成分を含んでいて、
その理由は焼いたり、揚げたりすると成分が少なくなるため。

 

厚生労働省の摂取基準は1日1g(1,000mg)で、
この必要量のDHA摂取するには、
週に3回程度は魚料理を食べる必要があります。

 

これはマグロの刺し身でいうと約700g(9人前)の量となります。
これをしっかり取るには、エキスを凝縮したサプリメントがいいでしょう。

 

メーカーにもよりますがサプリメントなら1日2,3粒で、
かんたんに必要な摂取量をとることができます。

DHAの働き

では、いったいDHAの働きって?

 

記憶・学習などに効果的な印象がありますが、
イギリスでの研究発表された学説が有名だから。

 

このためDHAの研究が世界中で盛んになり、臨床試験も多く行われ効果も明らかになってきました。

 

日本でもマルハニチロ社と島根大学医学部橋本教授がDHA効果を実証する試みをしています。
国内初となる100人規模での臨床研究を実施いたしました。
この研究の結果は島根大学のホームページで確認することができます。

 

大手企業と大学が提携しての研究なので信頼性がありよね。

魚が苦手なんですがDHAは摂取したい

どうも魚が苦手。。。
脂がのった刺し身や焼き魚も好きじゃない。。。

 

そういった場合でも、いまでは多くのDHAサプリメントがありますで、
必要量を摂取することはカンタンになりました。

 

DHA.EPAに加え、カルシウムなどの成分をしっかり取れるものもあり、
臭いもの気にならないので安心して続けることができます。

 

含有量や1日当たりの料金も比較して、自分にあったDHAサプリメントを選びたいものですね。

 

更新履歴